スポンサードリンク
Home >> 魚料理こつ >> エビの天ぷらのこつ
Page: 1/3   >>

エビの天ぷらのこつ



エビの天ぷらのこつ


魚料理が苦手な人でも、エビを使ったものは意外に気軽に挑戦できるのでは?

なかでも、エビのてんぷらや海老フライはお弁当のおかずとしても大活躍です。

では、エビのてんぷらをおいしく作るにはどうしたらいいのでしょう?

衣がカリッとしたおいしいエビのてんぷらを作るコツをマスターしましょう。

もちろん、てんぷらとしてもおいしく召し上がっていただけますし、

そばやうどんにのせても、また天丼にしてもおいしいですよね。



下準備のコツ


・エビは、尾だけ残して皮をむき、尾の先は切り落としておきます。

エビの尾を切るのは、油がはねるのを防ぐためです。

・エビの腹側に真ん中ほどまで3?4か所、切り込みを入れます。

こうすることでエビが曲がらないで揚がります。



てんぷら衣・・・エビ400gに対して

・小麦粉・・・カップ1(100g)

・卵1個+冷水でカップ1

衣は分量の卵と冷水をよく溶き、ふるった小麦粉を入れてさっくりと混ぜます。



衣をつける



・エビは衣がつきにくいので、小麦粉をまぶしておくとよいです・・・コツ!

・エビにてんぷら衣をたっぷりつけて、170?180°の油で揚げます。

・たくさん揚げるときでも、衣は一度に大量に作らず、上記の分量ずつ作るようにします。



揚がったら、紙をしいた器に盛りつけます。

ナスやシイタケ、ししとう、など、野菜のてんぷらといっしょに盛ります。

天つゆにおろし大根か、さっぱりと割り塩で召し上がれ!

*小エビの場合、3匹ずつを尾の付け根につまようじを刺して、

小麦粉をまぶしたうえで天ぷら衣をつけて揚げるとよいです。

また、冷凍の小エビは、野菜といっしょにかき揚げにしてもおいしく召し上がっていただけます。




「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販



QLOOKアクセス解析



QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | - | pookmark | category:魚料理こつ
Home >> 魚料理こつ >> たこをやわらかく煮るコツ

たこをやわらかく煮るコツ



たこをやわらかく煮るコツ


ゆでたたこに酢味噌をつけて食べたり、からし醤油でいただくのもおいしいですが、

魚料理の幅を広げるために、たこのやわらか煮のコツをマスターしましょう。

たこは、薄味で煮込み、そのまま煮汁に4?5時間つけて味を含ませると、

おいしくふっくらとした柔らか煮になります。

新鮮なたこを購入して、魚料理のレパートリーに加えてください。

たこは、生のものを購入して塩を振ります。

塩の量が多いと身がしまって堅くなるので、少量でよく揉むことがおいしく、やわらかく仕上げるコツです。

足には砂や臭みが残っているので、しごくようにしてもむことでぬめりを取ります。

水洗いをしてさらっとした感触になればokです。

たこの足を扱うときのコツは、大根を使うことです。

きれいに洗ったタコの足をそろえてまな板に置きます。

大根で足全体を気長にトントンと叩きます。

また、調味料(4人前でタコ600gに対して、

水カップ5?6、しょうゆカップ1、砂糖カップ1、みりん大さじ3)に

重曹を入れた煮汁を沸騰させたところにタコを入れます。

沸騰するとアクが浮き上がるので、ていねいにアクを取り除きます。

再び煮立ったら、落としぶたをします。

約30分ほど煮込んだら、いったん火から下ろし、そのまま煮汁につけて4?5時間おいておきます。

じっくりとつけておくことでおいしくなる魚料理です。

ただし、煮すぎると皮がはがれてしまい、見た目の美しさが損なわれるので要注意です。

いただくときには、練りがらしを添えるとよいでしょう。




「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販



QLOOKアクセス解析



QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:魚料理こつ
Home >> 魚料理こつ >> 青い背の魚の筒煮

青い背の魚の筒煮



青い背の魚の筒煮


サバやアジ、イワシなど、背の青い魚は、栄養があるとわかっていても、

魚の生臭さが気になり苦手という方もいらっしゃいます。

そんなときのおいしい煮魚のコツをご紹介します。

たとえば、通常、新鮮なしゅんの魚・・・

カレイやキスなどを煮魚にするときには、薄味でさっと煮あげます。

そうすることで魚本来の持ち味を楽しみたい魚料理です。

一方、サバやアジ、イワシなどの背の青い、癖のある魚は、筒切りにして煮る「筒煮」がお勧めです。

切り口から味がしみやすく、食べやすい切り方です。

実は、外国ではウナギにもこの切り方が用いられることがあります。

また、煮る時にしょうがの香りや梅干し、お子様には

カレー粉をまぶして煮ると、臭みを上手にカバーできます。



筒切りのコツ



1.内臓を切らないように頭の付け根に切り目を入れます。

内臓を頭といっしょに抜き出します。

2.薄い塩水で洗いながら内臓の残りをスプーンの柄で取り、むなびれを切ります。

3.内臓を取り除いたら、2.5センチ?3センチの筒切りにします。



煮方のコツ



・調味液を煮立たせたなかに、魚を入れます。

・魚は切り口のきれいなほうを上になるようにして入れます。

・強火にすると煮詰まってしまい、身が堅くなります。

中火にし、ぬらした落としぶたをします。

・・・落としぶたはぬらすと魚がくっつきません。

・煮汁が3分の1になるまで煮詰めます。

途中、なべを傾けて煮汁を全体に回しかける作業を2?3回します。



お子様でも美味しく召し上がっていただける青い魚の魚料理です。










「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:魚料理こつ
Home >> 魚料理こつ >> たこのゆで方

たこのゆで方



たこのゆで方


ゆでダコは、わさびじょうゆでいただいたり、酢みそやからし酢みそで和えてもおいしいですよね。

手軽な魚料理の一品の基本として、たこのおいしい・・・

やわらかく、ふっくらとしたゆで方のコツをマスターしてください。



タコのゆで方



1.タコはできれば生きたものを選びたいものです。

頭のなかのわたを取り、目を切り取ります。

2.塩を少々振ります・・・多すぎると身がしまって堅くなります。

3.よくもんで足についている砂、磯臭さを取り、しごくようにしてぬめりを取ります。

4.きれいに水洗いをして、ぬめりがなくなればokです。

5.湯カップ5に塩を大さじ1の割合にして、熱湯にタコを入れます。

6.再び煮立ったら、タコを約3分(タコが1.5kg目安)ゆでます。

コツ・・・ゆですぎるとタコは皮がむけてしまいます。

また身が堅くなるので要注意です。



ゆであがったタコは薄く輪切りにし、そのままわさびじょうゆ、からしじょうゆで

召し上がるのもいいですし、酢を振りかけて下味をつけて冷やし、

きゅうりや戻したわかめとしょうがを合わせて三杯酢であえていただくのも良いと思います。

タコときゅうりの酢の物にする場合、タコときゅうりをいっしょにして冷蔵庫で冷やしておき、

いただく間際に、下ろしたしょうがと三杯酢で和えるようにするのがおいしくいただくコツです。

おろしたしょうがは酢に混ぜますが、それとは別に小鉢に盛ったタコと

きゅうりの上に紅ショウガの千切りを小高く盛り付けると美しいです。










「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:魚料理こつ
Home >> 魚料理こつ >> 串焼き

串焼き



串焼き


新鮮な魚をシンプルに塩焼きにすることが最もおいしくいただく方法の一つ、です。

シンプルだからこそ、魚料理のなかでも難しいともいえるものです。

何度も回を重ねて挑戦して、コツを覚えるようにしてください。



あゆやキスなどは、1本串を打ちます。

魚の処理と串の打ち方

1.串は魚の身の大きさによって太さを調節します。

2.魚に傷をつけないようにしてうろことえらを取り除きます。

内臓もとり、薄い塩水で洗います。

3.魚は、左手で頭を手前にして持ちます。

串を魚の目の下から刺し、中骨をすくうようにして打ちます。

最初は中骨をすくい、串の手前を下げて魚の全体の長さの

頭から5分の2のところで串を突き抜くのがコツです。

4.次の尾を起こして中骨を通し、尾を指にはさむようにして下に曲げてつき抜きます。

こうすることで、串が中骨を2回くぐることになり、魚にうねりができます。

また魚に傷をつけることなく、串を刺すことができます。

5.尾とひれを広げるようにして塩をします。

塩は多めにします(化粧塩)。



焼く時のコツ

基本は「強火の遠火」です。

1.初めに魚の表となるほうから焼きます。

つまり、尾の先が日に近くなり、焦げやすいので尾を高くすると焦げるのを防げます。

ある程度焼き色がついたら、アルミ箔を尾の下の金網にのせて火を避ける工夫をしてください。

2.全体に焼き色がついたら、裏返して焼きます。



*切り身の魚に串を打って焼く時には、皮に斜めに格子の切り目を入れておきます。

これを「飾り包丁」といいます。

切り身に串を打つときには、魚の腹から背、または背から腹へと打ちます。




「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:魚料理こつ
Home >> 魚料理こつ >> 煮魚

煮魚



煮魚


おいしく作りたい魚料理の筆頭に挙げられながら、なかなかうまくいかないのが、煮魚です。

しゅんの新鮮な魚を選べば、魚自体のおいしさでそれなりにおいしく煮上がります!

しかし、鮮度が少し落ちてしまったものや、背の青い魚など、

魚に臭みがあるものでも、調味料を加減することでおいしく調理できます。



煮魚のコツ



・煮汁の量に気をつける!



普通に煮つけるときには、煮汁の量が多いと材料全体に

かぶってしまい、味がしみ込みすぎてしまいます・・・

つくだに風になってしまいます。

・風味づけにはお酒を!



基本的に調味料と水でおいしく煮上がります。

時には、水の半量分をお酒に変えると、風味が良くなります。

また、冷凍の魚の水っぽさをカバーするには、水をにだし汁に変えるのも一考です。

持ち味の不足が補えます。

酒は材料の臭み消しや、風味を増す効果、材料をやわらかくする効用があります。

・煮る時間



鮮度の良いものや、白身の魚は、煮汁を薄味にして、

さっと煮るようにすることで魚本来の持ち味を生かします。

逆に、鮮度が少々落ちたものや魚臭さが気になる青い背の魚は、濃い味付けで長めにします。

鮮度のよいカレイは、薄味がおいしいですね。

一方、サバなどの背の青い魚は、筒切りにすることで切り口から

味がしみ込み易くなり、匂いが気にならなくなります。

・しょうゆ



しょうゆには薄口と濃口があります。

魚を煮るのには、たいてい濃口が使われます。

好みもありますが、濃口のほうが味と香りが増すと言われます。


「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:魚料理こつ
Home >> 魚料理こつ >> かす漬け焼き

かす漬け焼き



かす漬け焼き







今夜はちょっとおしゃれな魚料理はいかがでしょう?

かす漬け焼きは、基本のかす床とちょっとしたコツをマスターしてしまえば、実は意外に簡単です。

魚料理のレパートリーを増やすコツです。

おじいちゃんやおばあちゃんにも喜ばれます。

日本酒にもぴったりですよ!お父さんのお気に入りのお酒の肴になるのでは?

しっかりと味がついているので、お弁当のおかずにもぴったりです。

かす漬けには、ブリやアマダイ、さわらなどの脂がのった魚が合います。

魚は薄塩をして4?5時間したものを漬け込みます。

身の薄いものは30分から1時間程度でも大丈夫です。

漬け込む時間は、2?3日が限度です。

それ以上おくと、素材本来の味が失われてしまいます。

かす床は、基本的に3回までが限度ですね。

材料の水分で水っぽくなったらぬか味噌などを加えるとよいでしょう。



かす床



基本の割合を覚えましょう。

・練りかす・・・250g

・酒・・・カップ2分の1

・みりん・・・大さじ2分の1



練りかすだれの作り方とつけ方



1.練りかすは他の調味料を加えて、泡だて器で混ぜます。

2.平らなバットに1の半量を平らに敷きます。

その上にガーゼを敷いて魚を並べます。

3.魚の上にもう一枚、ガーゼを敷きます。

そのうえに残りの練りかすを平らに敷きつめて、しばらく置きます。



焼きかた



練りかすがついていると焦げ易く、見栄えが悪くなります。

はしかぬれふきんで丁寧にぬぐってから中火の遠火で焼きます。

洗ってしまわないこと!

味が落ちてしまいます。













shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:魚料理こつ
Home >> 魚料理こつ >> 蒸し魚

蒸し魚



蒸し魚






寒い時期になってくると、蒸し物が嬉しくなりますね。

魚料理としても冬になるとご家庭の食卓に登場することが多くなるかもしれません。

蒸したての熱々を召し上がっていただきたい魚料理です。

材料は、白身の切り身の魚が扱いやすくて便利です。

タイ、さわら、ヒラメ、カレイなどがおいしいです。

タイを1匹、蒸しあげるととても豪華な料理となります。

おもてなしにもいいですね。

コツを抑えておいしい魚料理を楽しみましょう。



蒸し物にするときのコツ



素材選び



・1人分の魚の量は、100グラム程度が適量とされます。

ただし、他の素材もいっしょに蒸しあげるときには加減してください。

たとえば、チリ蒸しは、昆布をしいた上に、材料をのせて酒をまわしかけて蒸します。

さわらなどの魚が用いられますが、他に豆腐、生シイタケ、春菊などを取り合わせてむします。

・蒸し物には、生臭みの強い魚は向きません。

背の青い魚・・・アジ、サバなどは避けた方が無難です。

・貝類は、生きているものを砂出しして使います。



下ごしらえ



・火の通りを良くするために、片袖開きにすることもあります。

・薄塩か、酒を振って味をなじませておきます。

・ウナギ、アナゴ類は、いったん焼いてから蒸すことが多いです。



火加減



強火で蒸すのが基本です。

ただし時間は、丸ごとの魚を使う場合や切り身によって異なります。

また魚の厚みによっても変わります。

10分から15分程度かかるでしょう。

*ただし、豆腐を取り合わせた「ちり蒸し」の場合、火が強すぎると

豆腐に「す」が入るので、中火以下に落とします。



蒸し料理の種類



たとえば、酒蒸し、かぶら蒸し、信州蒸しなどの蒸し料理の種類があります。


「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!












shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:魚料理こつ
Home >> 魚料理こつ >> からし酢みそ

からし酢みそ



からし酢みそ






しめさばやゆでダコなど、ご家庭で手作りされたり、

すでに調理されたものを購入することもあるかと思います。

そんなときにさらにおいしさを引き立て、魚料理のアクセントとなるのが、「からし酢みそ」です。



たとえば、しめさばを薄切りにして、もちろんそのまま召し上がっても、

あるいはからしじょうゆでいただいてもおいしいですが、

野菜といっしょにからし酢みそで和えて召し上がると、また違ったおいしさを発見できます。



基本の割合を覚えれば、あとはどんな魚介にも応用できます。

魚料理のレパートリーを増やす簡単なコツです。



からし酢みそ・・・ゆでだこ4人分に対しての適量

・練りがらし・・・小さじ4

・白みそ・・・60g

・砂糖・・・大さじ2

・酢・・・大さじ4




1.からしとみそをすり、砂糖を入れて徐々に酢を加えていきながら、すりのばします。

コツ・・・調理や盛り付けによって酢の量を加減します。

盛り付けたものに上からかけるときはややかためにするため、酢の量を少なめにします。

一方、深い鉢に盛りつけるときには、酢を多めにしてやわらかくします。

そうしないと、味が強く絡みすぎます。

一方、和えてから盛りつける場合には、材料から水分が出るので、

酢の分量はもっとも少なくし、大さじ2?3ぐらいで十分です。

紅ショウガや木の芽、ごま、ゆず、針しょうがなどを季節によって添えると変化が出ます。

酢みそはそのほか、あおやぎとわけぎのぬたにも利用できます。

酢の量は控えめにします。

いずれにしても、いただく直前にあえることが大切です。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!












shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:魚料理こつ
Home >> 魚料理こつ >> お刺身のわき役たち

お刺身のわき役たち



お刺身のわき役たち






ご自身で魚をさばいて、切って・・・という方は、最近では少なくなってきました。

買ってきたものであれ、生き生きとした感じに盛りつけることで、おいしい魚料理の食卓となります。

ちょっとしたお刺身の盛りつけのコツを覚えておきましょう。

・たいやさわらなど、引き造りにしたお刺身は、切り身の数を7・5・3と奇数にします。

・「けん」・・・ダイコンやきゅうり、みょうがなどをごく薄く、細く切って、

水にさらした歯切れをよくして、アクを抜いたもの。お刺身を引き立てる役目があります・・・

食べられる量を考え、また色彩の調和を考えて盛りつけます。

・「つま」・・・お刺身に風味を添えるもので季節によって種類に変化をつけるとよいでしょう・・・

多くは前盛りとしてあしらいます。

つまり、うつわに向かって右手前に盛るようにします。

・「辛味」・・・わさびなど、ぴりっとした辛みを添えるもの。

お刺身のうまみを引き出す大切な役割があります・・・

つまと同様、右手前にします。



お刺身の1人前の分量は、一般的には約80gといわれます。

ただし、いかは約60gが適量とされ、魚によって、

あるいは1種盛りか数種盛りにするかで加減する必要があります。



魚料理で大切なコツは、新鮮な材料を選ぶことですが、

それと同様に、旬のものは脂がのっておいしいです。

1年中おいしいのは、タイ、マグロといわれますが、それでもタイは、5月末?6月は産卵後で味が落ちます。

春?夏は、カツオ、すずき、ゼイゴ、コイ、赤貝もお勧めです。


「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!












shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:魚料理こつ
魚料理こつ | ハピファンレシピ[PR]

糖尿病の方必見

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

WELCOME

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ロリポップ!なら初心者でも安心!
WordpressやMovable Typeの簡単インストールや、ショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

大容量42.195GB、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバー『ヘテムル』
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
ブログランキング【くつろぐ】 「リトルキッチン」掲載中のハピファンレシピ記事 Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加 あわせて読みたい