スポンサードリンク
Home >> 沖縄料理レシピ >> 「豆腐よう」とは?
Page: 1/3   >>

「豆腐よう」とは?



「豆腐よう」とは?


「豆腐よう」とは、豆腐を、泡盛や紅麹などを使用した漬け汁に、

長い期間漬け込んで、発酵と熟成をさせた発酵食品です。

琉球王朝時代から、上流の貴族の間で、高級食材として珍重されていました。



豆腐ようは、ウニに似た風味と、チーズのような舌触りをしており、濃厚で上品な味わいです。

中でも、那覇市の株式会社あさひが製造している「紅あさひの豆腐よう」は、

良質の紅麹を使用しており、大豆の臭さもなく、風味豊かな味わいを楽しむことができます。



泡盛との相性がバツグンで、焼酎やビールのおつまみとしてもおすすめです。

さらに、チーズのような風味なので、ワインと一緒に食べてもよく合います。

また、豆腐ようを料理の具材として使用することもあります。



それでは、豆腐ようを使ったおすすめの料理「豆腐ようのパスタ」のレシピ(2、3人前)を紹介します。

1、豆腐よう90gは、汁気をよく切ってボウルに入れます。

そこへ、すったピーナッツ30gと白煎り胡麻30gを加えて、よく混ぜ合わせたら、塩で味付けします。



2、にんじんは、皮をむき細切りにして、絹さやは筋とへたを取って、

塩を入れた熱湯で、それぞれサッと湯通しします。

島らっきょうは、葉と根元を取り除いて、細切りにします。



3、スパゲティ200gをたっぷりのお湯で茹でて、オリーブオイル少々を振っておきます。



4、フライパンを熱し、オリーブオイルを入れて、軽く野菜を炒めます。

塩少々を振ったら、スパゲティを入れて炒め合わせます。

1のソースを入れてよくからめ、塩・コショウ少々で味を調えます。

お好みにより、豆腐ようの漬け汁をかけてください。





「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販



QLOOKアクセス解析



QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | - | pookmark | category:沖縄料理レシピ
Home >> 沖縄料理レシピ >> 沖縄のおやつ「ポーポー」と「チンビン」

沖縄のおやつ「ポーポー」と「チンビン」



沖縄のおやつ「ポーポー」と「チンビン」


「ポーポー」とは、中国から伝わった沖縄の伝統的なお菓子です。

クレープのような薄く焼いた皮の中に、アンダンスー(油味噌)を入れて、巻いた料理です。

一方、「チンビン」は、溶かした黒糖を小麦粉に加えて、

薄く焼いた皮を巻いただけのもので、中には何も入れません。



それでは、「ポーポー」(12枚分)のレシピを紹介します。



1、豚肉100gは、かたまりごと茹でて、みじん切りにします。



2、油みそを作ります。

サラダ油をフライパンに熱して、豚肉を炒めます。

肉に火が通ったら、甘味噌200gと砂糖大さじ3を加えて

炒め、しょうがのみじん切り小さじ1を混ぜ合わせます。



3、皮を作ります。

小麦粉2カップとベーキングパウダー小さじ1を振るってボウルに入れ、

水1と3/4カップを加えて、泡立器で混ぜ合わせます。

ダマにならないように、こし網に通します。



4、フライパンを熱して油を薄く敷き、たねを流して、薄く丸くのばして焼きます。

表面が乾いてきたら、裏返して軽く焼きます。



5、焼けた生地をまな板の上に広げて、油みそをのせたら、手前からゆっくりとクルクルと巻いていきます。




次は、「チンビン」(12枚分)のレシピです。


1、小麦粉3カップとベーキングパウダー小さじ1を振るっておきます。


2、黒砂糖2カップと水3カップを火にかけて溶かし、布巾で汁をこします。


3、小麦粉に2の黒蜜3カップを加えて混ぜ、こし網に通します。


4、熱したフライパンに薄くサラダ油を敷き、たねを流し入れたら、薄くのばして焼きます。

穴がプツプツと出てきたら、裏返して軽く焼きます。



5、まな板に出して、クルクルと手前から巻いたら完成です。





「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:沖縄料理レシピ
Home >> 沖縄料理レシピ >> 「ドゥルワカシー」とは?

「ドゥルワカシー」とは?



「ドゥルワカシー」とは?


「ドゥルワカシー」とは、沖縄名産の「田芋」を使用した料理です。

変わった名前のこの料理は「泥沸かし」という意味です。

田芋を煮ると、まるで泥を煮ているかのように見えることから、このような名前が付いたそうです。

こんな名前ですが、食べてみると、とってもおいしいです。

さまざまな素材からだしが出て、泡盛との相性もとても良い一品です。



また、田芋の特徴として、小芋が親芋の周辺にたくさん付くので、

“子孫繁栄”を象徴するおめでたい食材として、祝い事にドゥルワカシーが出されます。



作り方は、田芋と水にさらしてアクを取った芋茎を、豚肉や椎茸などの具材と

炒め合わせて、だしを加えてねばりが出てくるまで煮て、田芋をつぶしながら練ります。



家庭によって違ってくるのは、使用する油とだし、そして味付けです。

炒めるときは、サラダ油やラードを使用し、だしはかつおだしや豚の煮汁を使い、

味付けはしょうゆや塩など、それぞれの家庭によって味が違ってきます。

また、田芋の代わりに、里芋でも作ることができます。



さらに「ドゥル天」という、油でドゥルワカシーを揚げたものは、おやつやおつまみにおすすめです。

それでは、「ドゥル天」(1人分)のレシピを紹介します。


1、ドゥルワカシーを1個30gの丸形になるように手で丸めます。



2、衣(かたくり粉20g、タピオカ20g、水100cc)を付けて、

丸めたドゥルワカシーを揚げて、表面がこんがりとキツネ色になったら完成です。











「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:沖縄料理レシピ
Home >> 沖縄料理レシピ >> 「青パパイヤ」を使った料理

「青パパイヤ」を使った料理



「青パパイヤ」を使った料理


沖縄では、実が熟す前の青パパイヤを、野菜として食べます。

パパイヤは、ビタミンA・Cやカロチン、鉄分が豊富に含まれ、風邪や便秘、貧血の予防に効果的です。

また、「パパイン」というたんぱく質分解酵素は、

脂肪分解作用があるので、ダイエット効果も期待できます。



それでは、沖縄料理「青パパイヤチャンプルー」(4人分)のレシピを紹介します。



1、青パパイヤ中1個は、縦2つに割って、種を取り除き、皮をむいたら、千切りにします。



2、にら1/2束は、水で洗って、3、4cmの長さに切ります。


3、フライパンを熱してサラダ油適量を敷き、パパイヤを入れて、

塩少々で味付けをし、かつおだし少々を加えて炒めます。

途中でふたをして、蒸し焼きにしても良いです。



4、最後にかつおぶし適量を加えて、鍋肌からしょうゆを垂らしたら、よく混合わせます。

火を止める直前に、にらを加えて混ぜたらできあがりです。




次は、「青パパイヤのサラダ」(4人分)です。



1、青パパイヤ1個は、縦2つに割って種を出し、

皮をむいて千切りにし、茹でてざるに上げて水気を切ります。

ゴーヤーは輪切りにして種を取り、サッと茹でてざるに上げておきます。

ミニトマトはくし切りにします。



2、ベーコン3枚は、細かくみじん切りにして、

フライパンでカリカリになるように炒めて、油を切っておきます。



3、サラダ菜は水洗いしたら水気を切り、器に敷きます。

そこへ、パパイヤ、ゴーヤー、ミニトマトを盛り付け、ベーコンを散らします。

お好みのドレッシングをかけたら完成です。




パパイヤを選ぶときは、ツヤが表皮にあるものよりも、ツヤがないものの方が新鮮です。

また、表面を触ってみて、ツルツルとしたものよりも、シワのあるものを選んでください。









「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:沖縄料理レシピ
Home >> 沖縄料理レシピ >> 沖縄土産「ちんすこう」

沖縄土産「ちんすこう」



沖縄土産「ちんすこう」


沖縄の有名なお土産品といえば「ちんすこう」ですが、その起源は15世紀頃の琉球王朝にあります。

当時は「ちんるいこう」という中国風蒸しカステラのことで、

現在のような焼き菓子になったのは明治時代に入ってからです。

王朝時代は、貴族しか手に入れることができないような高級なお菓子だったので、

その名前も「金(高級な)すこう(お菓子)」

または、「珍(珍重された)すこう(お菓子)」の2つの説に由来します。



現在では、ちんすこうは沖縄の代表的なお土産として、

誰でも食べられるようになりましたが、今でも伝統菓子として伝えられています。

そんなちんすこうは、家庭でも作ることができます。

それでは、「ちんすこう(プレーン味)」(約10個分)のレシピを紹介します。



1、ラード50g(またはショートニング)は、室温に戻しておきます。

薄力粉100gは振るっておきます。



2、ラードをボウルに入れて、ゴムベラでクリーム状になるまで練り、
上白糖50gを加えて、均等に混ざり合うまで練ります。



3、振るった薄力粉を加えてよく混ぜ合わせ、まとまってきたら、しっかりと手でまとめます。



4、オーブンを予熱200℃に温めておきます。

その間に、生地を3cmくらい球状に丸めて、手の平で暑さ約1.5cmにつぶしたら、

オーブンシートを敷いた天板に並べていきます。



5、約200℃に温めたオーブンで、約20分焼き上げたら完成です。




ちんすこうの生地は、水分をあまり含んでいないため硬めで、成形しにくいかもしれません。

成形前に、よく手で練り上げておくと、成形しやすくなります。





「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:沖縄料理レシピ
Home >> 沖縄料理レシピ >> 美容と健康効果の「ティビチ汁」

美容と健康効果の「ティビチ汁」










美容と健康効果の「ティビチ汁」







美容と健康効果の「ティビチ汁」

「ティビチ」とは、豚の足のことです。

コラーゲンを豊富に含む豚足を、長時間煮込むことで、軟骨などがゼラチン質に変化します。

コラーゲンは、骨を丈夫にする作用があったり、高血圧や動脈硬化を予防したり、

膝痛や腰痛などを改善させたりする効果があるそうです。

さらに、大腸ガンの発症を予防する働きをもつ成分で、老化を防止する食材とも言えます。



沖縄料理「ティビチ汁」は、圧倒的に40代以上の女性に支持されており、

まさに、沖縄の長寿を支えている料理の1つとなっているようです。



ティビチ汁の作り方は、「チマグー」という豚の足先の毛を取り除き、

水の入った鍋にティビチを入れて、強火で沸騰させます。

そして、昆布や椎茸と一緒に茹でて、かつおだし、しょうゆ、泡盛、

塩などを加えて味付けをして、2時間程度じっくりと煮込めば完成です。

また、2時間以上煮込めば、ティビチがトロトロになって、

骨まで食べられる程になり、一味違った食感が再び楽しめます。



豚足独特の臭いが気になるときは、しょうがを加えて煮れば、臭みが和らぎます。

また、にんじん、大根、じゃがいも、冬瓜、葉物野菜など、野菜を加えて煮込めば、

とてもヘルシーな料理になりますし、旬の野菜を入れることで、年中楽しむことができる一品となります。

生のじゃがいもを入れる場合は、1時間くらい煮込めば、柔らかく食べやすくなります。



ティビチ汁は、たっぷりのコラーゲンと良質なたんぱく質を含んでいるので、とろっとした

食感ながらも、スープはあっさりとしており、とっても食べやすい料理です。

ティビチ汁を食べれば、体もポカポカに温まり、肌もプルプルになるので、

特に乾燥しやすい寒い冬の季節に、お勧めの料理です。








shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:沖縄料理レシピ
Home >> 沖縄料理レシピ >> 「沖縄ちゃんぽん」は丼物

「沖縄ちゃんぽん」は丼物



「沖縄ちゃんぽん」は丼物







「ちゃんぽん」というと、「長崎ちゃんぽん」が思い浮かぶと思います。

実は、ちゃんぽんは、沖縄料理にもあります。

しかし、「沖縄ちゃんぽん」は、長崎ちゃんぽんとは全く違い、“丼物”です。

ご飯の上に、炒めたキャベツやにんじんなどの野菜と

ランチョンミートを、卵とじにして盛り付けた料理です。

どちらかと言うと、中華丼に近い料理です。



沖縄ちゃんぽんは、それほど知られていない料理ですが、

沖縄では、食堂や喫茶店では定番メニューになっています。

とってもおいしく、栄養もボリュームも満点で、大人気メニューとなっています。

具材の内容は、お店のオーナーの好みによって違います。

でも、ほとんどが、どのお家の冷蔵庫にもありそうなものばかりなので、

家庭でも簡単に作ることができます。

それでは、「沖縄ちゃんぽん」(4人前)のレシピを紹介します。



下ごしらえとして、キャベツ1/3個を一口大に手でちぎり、水で洗ってざるに上げておきます。

にんじん1/2本、ピーマン1個、玉ねぎ1個は千切りにしておきます。



1、フライパンにサラダ油適量を熱し、玉ねぎとにんじんを炒めます。



2、ピーマン、キャベツ、ランチョンミート中1缶を加えて、炒め合わせてください。



3、調味料(だしの素、しょうゆ、塩各少々)で味付けをして、

溶いた卵3個を回し入れて、弱火にしたらふたをします。



4、卵に十分火が通ったら火を止めて、具材を4等分にし、器に盛ったご飯の上にのせて完成です。














shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:沖縄料理レシピ
Home >> 沖縄料理レシピ >> 「海ぶどう」とは?

「海ぶどう」とは?










「海ぶどう」とは?






「海ぶどう」は、沖縄の代表的な食材です。

海ぶどうは、沖縄の海で育つ海藻の1種です。

球状になった葉が、果物のぶどうの房に似た形になっていることから、

「海ぶどう」と名付けられたそうです。

「グリーンキャビア」と呼ばれることもあり、プチプチとしたキャビアのような触感が特徴です。

海ぶどうは、熱帯・亜熱帯地方でしか生息していないので、

沖縄県以外では、とても貴重な食材とされています。



そんな海ぶどうのおすすめの食べ方は、「海ぶどうサラダ」です。

たっぷりの野菜と、ミネラル豊富な海藻類と、植物繊維を豊富に含む

海ぶどうを盛り付けたサラダは、健康と美容にはもってこいの一品です。

和風ドレッシングやマヨネーズなどをかけて食べてください。



また、海ぶどうは、海水のほど良い塩味がするので、わさび醤油や

三杯酢などの合わせ酢に付けて、そのまま食べるのもおすすめです。

プチプチっという食感と磯の香りが、口の中いっぱいにふわっと広がります。



「海ぶどうの海鮮丼」も、沖縄で大変人気のあるメニューとなっています。

それでは、海鮮丼(2人前)のレシピを紹介します。



1、海ぶどう適量を、水で軽く洗います。



2、とろろ芋約100gは、きめ細かくなるようにすり鉢ですりおろします。

だし汁1/2カップと刺身しょうゆ(またはしょうゆ)小さじ2を入れて混ぜます。



3、刺身(マグロ、かつおなど)を適当な大きさに切ります。



4、どんぶりにご飯を盛って、海ぶどうと刺身を盛り付けて、

最後に上からとろろをかければ、できあがりです。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!



















shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:沖縄料理レシピ
Home >> 沖縄料理レシピ >> 「魚のマース煮」について

「魚のマース煮」について










「魚のマース煮」について






「マース」とは、塩のことを意味し、沖縄で作られた塩を「シママース」と呼んでいます。

シママースの特徴は、市販の食塩よりも粗くて、湿っぽいことです。

また、濃厚な味わいなので、チャンプルーなどによく合います。



「魚のマース煮」は、魚を塩で煮るだけという、シンプルな料理ですが、

味わい深いシママースが効いて、料理の味を引き締めてくれます。

シママースには、海水のミネラルが含まれていることはよく知られていますが、

他にも、老化の予防に効果的なビタミンEや、殺菌作用のあるビタミンCなど、

健康維持のために必要な栄養成分が豊富に含まれています。



そして、魚に含まれるEPAとDHAによって、カルシウム不足を補って、ストレスを改善させます。

また、血栓を予防して、血液をサラサラにする作用があります。



それでは、とってもヘルシーな「魚のマース煮」(1人前)のレシピを紹介します。



1、白身魚1尾のウロコをきれいに取り、内臓も取り除き、水できれいに洗います。



2、フライパンに魚を入れた時に、魚が浸るくらいの水を入れて、

シママース(塩)大さじ1と酒大さじ1を入れて、煮立たせます。



3、2に魚を入れて、両面の身が白っぽくなるまで煮てください。



4、途中でアクが出てきたら、こまめに取り除きます。



5、味見をして、塩気が足りなければマースを足して、味が整ったら完成です。




酒の代わりに泡盛を少量入れると、より旨みが増します。

また、酢、レモン、シークヮーサー、豆腐、旬の野菜などを加える家庭もあります。

ちょっと具材を工夫するだけで、全体の味が変わってきます。

魚のマース煮は、まさに家庭の味なのですね。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!












shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:沖縄料理レシピ
Home >> 沖縄料理レシピ >> 真っ黒な「イカスミ汁」

真っ黒な「イカスミ汁」










真っ黒な「イカスミ汁」






「イカスミ汁」は、イカの墨を使って作る、真っ黒い汁物です。

見た目が衝撃的で、味の想像も付かないかもしれませんが、とてもコクがあり濃厚な味わいです。

また、イカスミ汁で使用する「白イカ」は、便秘を改善する作用があると言われています。

さらに、血液循環をスムーズにする働きがあるので、貧血の方にもおすすめの料理です。

低脂肪、低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめです。



それでは、「イカスミ汁」(2人前)のレシピを紹介します。



下ごしらえとして、白イカ400gをきれいに洗い、短冊切りにして、足は長さ4?5cmに切ります。

豚肉150gは、一口大に切って、にんじん1本は乱切りにします。

ニガナ葉5枚は、きれいに洗って、手で適当な大きさにちぎります。



1、だし汁4カップを鍋に入れて温め、豚肉とにんじんを入れて煮ます。



2、煮立ってきたらアクを取り除き、イカを加えたら火を弱めて、さらに煮込みます。



3、イカが柔らかくなってきたら、ニガナ葉とイカ墨適量を加え、

シママース(塩)適量で味付けしたら完成です。




イカ墨は、市販のものを使用しても良いですが、

新鮮なイカから取り出したイカ墨を使用しても、もちろんOKです。

その場合は、墨袋を傷つけて、破ってしまわないように気を付けましょう。




「ニガナ」は、沖縄では、昔から薬草として使用されていました。

さまざまな栄養素が含まれており、特に、カルシウム、カロチン、

ビタミンA・C、ポリフェノールが豊富に含まれています。

また、風邪や発熱、胃腸系の疾患に効果的だと言われています。

そのほかにも、動脈硬化の原因となるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の

酸化を抑える作用があると言われており、「万能薬」とも言える野菜なのです。

沖縄では、ニガナの茎や葉をすり潰して作った青汁を飲む習慣があり、

昔から、沖縄の人々の健康と長寿を支え続けています。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!












shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:沖縄料理レシピ
沖縄料理レシピ | ハピファンレシピ[PR]

糖尿病の方必見

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

WELCOME

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ロリポップ!なら初心者でも安心!
WordpressやMovable Typeの簡単インストールや、ショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

大容量42.195GB、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバー『ヘテムル』
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
ブログランキング【くつろぐ】 「リトルキッチン」掲載中のハピファンレシピ記事 Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加 あわせて読みたい