スポンサードリンク
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病と高齢
Page: 1/3   >>

糖尿病と高齢



糖尿病と高齢


糖尿病は特に高齢になると改善が難しいといわれています。

では、なぜ年配の方が若い人よりも、糖尿病を改善しにくいのでしょうか?



それには年齢と関係した、いくつかの原因があります。

まず、年齢が上がると共にインスリン効果が低下してくるので、どうしても血糖値が高くなりがちです。

そして、血糖値が高くなっている割には、腎機能が低下し、尿に見られる糖が多くなります。

そして、薬剤などが蓄積されやすくなってしまいます。

年齢と共に動脈硬化になりやすいのも原因です。



それから、これも大切なのですが、糖尿病の症状があったとしても、

それを年のせいにしてしまい、なかなか改善しようとしないことです。

また高齢者は治療への意欲が少ないことや、これまでの長い間の

生活習慣を急に変えることは簡単に出来ないことです。

何十年も続けていた生活、食生活も急に変えろと言っても気持ちも体も対応しきれないと思います。

ですから若い人は今のうちから正しい食生活を送ることが大切です。



糖尿病の食事療法も、高齢になれば、今までの食を変えることに抵抗があり、

また、食べ物を噛み砕く歯も弱くなっています。

運動療法を同時にしようとしても、関節が痛み出したり、

心肺にも問題があり、運動できないケースもあります。

薬物療法をするにも、薬が蓄積されやすい体になっていたり、高齢と共に様々な問題があります。



こうして年齢と共にいろいろと問題が出てきますが、もし、

糖尿病と診断されたとしても、高齢だからと言う理由で諦めないことです。

血糖値さえコントロールできれば改善も期待できるのですから、

無理せず、出来る範囲で食事療法から始めてみてください。








「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病の食事とペットボトル その2

糖尿病の食事とペットボトル その2



糖尿病の食事とペットボトル その2


「ペットボトル症候群」は、糖分の多いペットボトル入り清涼飲料水を

摂取しすぎてしまい、糖尿病性ケトアシドーシスになることを言います。

糖尿病の中でも、症状がひどい場合、こうしたことで糖尿病性ケトアシドーシスを発症してしまいます。

このケースはインスリンの作用が悪くなり、食事に含まれ

摂取したブドウ糖が分解し取り込めなくなります。

そのため、脂肪、筋肉などからエネルギーを取ってしまいます。

すると、「ケトン体」という物質が体内に出来て、血中は酸性状態になります。

血液というものは、健康なとき中性です。

それが酸性に変わるのですから、体調不良になり、

深刻な症状の場合は意識がなくなるという怖いものです。



一方、糖尿病は尿の量が増えます。

それが、悪化し排出する量が極端に増えると体は脱水症状になるケースがあります。

最悪の場合は昏睡状態になる可能性も秘めています。

これは糖尿病性昏睡と言います。

とても怖いですよね。



わかりやすく言いますと、「ペットボトル症候群」は糖分が沢山含まれている

清涼飲料水を持ち運びに便利という理由で、いつも携帯しては、

飲み続け、結果、過剰に摂取しすぎてしまうことです。

このことから、高血糖になり、やがて糖尿病となります。

ご存知の方も多いでしょうが、糖尿病は喉が渇く病気と言われています。

それが悪循環となり、喉が渇いたときに糖分の多いペットボトル入り飲料を

飲んでしまい、さらに血糖値を高くしてしまう病気です。

それが「糖尿病性ケトアシドーシス」なのです。



糖尿病は、正しい食事と運動で回復に向かいますが、食事の際の飲み物にも油断してはいけません。

水分補給に飲む飲み物はお茶、麦茶、ミネラルウォーターなど、

カロリーの低いものにするよう選ぶ時から気をつけて下さい。








「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病の食事とペットボトル その1

糖尿病の食事とペットボトル その1



糖尿病の食事とペットボトル その1


近年、聞かれるようになった言葉で、「ペットボトル症候群」という言葉があります。

これは糖尿病にとても深く関係した言葉です。

みなさん、ご存知でしょうか?



手軽なペットボトルはとても身近な存在ですよね。

ご家庭でも外出先でも常に身近にあるものです。

今では、コンビニエンスストアでも自動販売機でも一日中どこでも購入できます。

コーヒー、炭酸飲料、ジュース、お茶、お水、ほとんどの飲み物がこのペットボトルに入っています。



では、この手軽なペットボトルが糖尿病とどんな繋がりがあるのでしょうか?



清涼飲料水は缶、ビンに入ったものより、ペットボトルに入ったものが持ち運ぶ時に便利です。

また、食事の際に一緒に頂くために、適した量でもありますから、

子供からお年寄りまで食事のお供にする方も多く、幅広く人気があります。



そういえば、昔はコーラ、サイダーなど細長い缶に入っていましたよね。

容量も200mlくらいでした。

では現在はどれくらいの量が主流でしょうか?

それは500ml入ったペットボトルではないでしょうか?

売られている物も、持ち歩いている人のボトルを見ても、500mlが一番多いのではないかと思います。

普段、あまり気にしていない方も多いでしょうが、

これって一回で飲んでしまう量としては多いと思いませんか?



「ペットボトル症候群」とは、糖分が含まれた容量大きめの

ペットボトル入り清涼飲料水を、飲み過ぎてしまうことなのです。

その結果、糖尿病性ケトアシドーシスという病気になってしまいます。

糖尿病の中でも、症状がひどい場合、糖尿病性ケトアシドーシスを発症してしまいます。






「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病は世界的な病気

糖尿病は世界的な病気



糖尿病は世界的な病気


糖尿病は世界的な病気です。

2006年に国連総議会は「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を可決しました。

また、「世界糖尿病DAY」が11月14日と決まりました。

11月14日というのは糖尿病には欠かせない物質、インスリン、これを発見した

「フレデリック・バンティング」という方の誕生日です。



世界糖尿病DAYになると、世界各国でイベントが開催されます。

糖尿病を広く知ってもらう為の活動が主となっています。

例えば、食事療法や、運動治療など、または糖尿病にならないための予防策を広めるキャンペーンなどです。

日本でも数年前には、通天閣、東京タワーが青色でライトアップされました。

またメディアにも世界糖尿病DAYについて、数多く取り上げられていました。



糖尿病で死亡してしまう日本人は、一年に一万人近くいるというデータがあります。

ですが実際に治療を受けている患者はその15パーセントに過ぎないというデータもあります。

そして、糖尿病の合併症を発症しての死亡者は、

地球規模で考えるとなんと10秒に1人という計算になるのです。



糖尿病と聞くと、なんとなく贅沢な病気だと思っている人も多いと思います。

豊かな食べ物が沢山あるから、糖尿病になってしまうイメージがあると思います。

ですが、意外と発展途上国の方が糖尿病がとても進んでいます。



それはなぜかと言うと、食事に脂肪分、塩分が多過ぎたり、

また糖尿病を治療できない環境にあることなのです。

困難な暮らしで食事に困ったりする人たちは、

糖尿病になったとしても、私たちのように毎日の食事を選べません。

また、インスリン、糖尿病の治療費が高く病院に行けない患者もいると言われています。



世界中で健康的な食事が出来きるようになり、糖尿病患者が減ることを

目的として、今後も世界糖尿病DAYには様々な活動が期待されています。










「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病で骨がもろくなる話 その2

糖尿病で骨がもろくなる話 その2



糖尿病で骨がもろくなる話 その2


例えば、カルシウムが不足し、血液の中でカルシウム濃度が低くなると、

その分を補う為、破骨細胞がカルシウムを血液中に届けようと骨を自ら破壊するのです。

老化、またはカルシウム不足によって引き起こされる、「骨粗しょう症」と呼ばれる病気がこの状態です。

骨粗しょう症の人の骨は内部がすかすか状態だと聞いたことがあると思います。

これは、今までお話したようにカルシウムを補おうと、細胞が骨を破壊し、

カルシウムを作る働きをすることが原因で、骨がすかすかになるわけです。



ここで一度、破壊された骨は、十分な再形成が行われないことが問題となってきます。

老化以外でも、糖尿病の場合、骨量が特に減少する傾向にありますので、同じような症状になります。

いくら食事でカルシウムを摂取しても、すぐには改善されません。



体内ではインスリン受容体という物質が、骨芽細胞に存在します。

インスリンは骨の細胞を増殖する作用を持っているため、

このインスリンが足りないと、骨芽細胞が減少します。

その結果、骨の形成ができなくなるのです。



逆に高血糖のケースでも、尿が多く排出されますから、

カルシウム、マグネシウムが体内に蓄積されにくい状態です。

常に排泄されやすくなります。

結果、骨形成が低下し骨粗しょう症に繋がります。

高血糖は、タンパク質の糖化によりコラーゲンが減少し骨がもろくなりやすいのです。

骨量が少ないと診断された場合は、糖尿病改善と同じように運動、食事に気をつけてください。

糖尿病による骨粗しょう症を改善するためには、食事でただカルシウムを

摂取するだけでなく、まず糖尿病を治療することが大切です。










「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病で骨がもろくなる話 その1

糖尿病で骨がもろくなる話 その1



糖尿病で骨がもろくなる話 その1


糖尿病は様々な病気を併発してしまいますし、骨折しやすくなるということもあります。

健康な人と、糖尿病の人を、比べてみると、糖尿病の患者さんの方が

倍以上も骨折しやすくなると言うデータがあります



どうして糖尿病の人は骨がもろくなるのでしょうか?

それはインスリン不足が原因と言われています。



もう少し詳しく説明しますと、骨の細胞には3種類あり、骨細胞、骨芽細胞、破骨細胞です。

骨細胞とは、骨自体を維持する細胞であり、骨芽細胞は新しく骨を作る細胞です。

そして破骨細胞はその文字の通り、骨を破壊する細胞なのです。



人間の骨は、古くなると破骨細胞により骨が破壊されます。

そして血液の中に、骨のカルシウム、またはコラーゲンを溶かします。

その後、骨芽細胞により新たな骨が作られます。

その方法ですが、新たなコラーゲンが分泌され、それに骨塩が沈着して、骨になっていきます。

そして、新しく出来上がった骨は、骨細胞によって維持されます。

これらが繰り返され骨が形成されます。

これを骨代謝回転と呼んでいます。



骨を丈夫にするにはカルシウムが必要なことは、どなたもご存知のことですよね。

その為に食事の際に小魚を食べたり牛乳を飲んだり、毎日の食事に気をつけている人もいると思います。



そのカルシウムですが、骨には、なんと体内のカルシウム分の99パーセントがあるのです。

ほとんどが骨にあるということですね。

そして1パーセントが血液、筋肉にあると言われています。



カルシウムは細胞を正常に作用させるためにも大切です。

ですから、常に一定した量のカルシウムが体の血液に含まれている必要があるのです。






「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病は家族の協力が必要

糖尿病は家族の協力が必要



糖尿病は家族の協力が必要


糖尿病を改善するためには、食事療法がとても重要とされていますが、

そのためには家族の協力が必要となります。

まず、糖尿病と診断されたら患者さんと一緒に病院へ行き、病気について病院側から話を聞きます。

こうしたことで糖尿病についての理解が深まります。

何かわからないことがあれば患者さんと一緒に質問して確認します。

説明や注意点を聞くことを患者さん1人に任せないようにしてください。



毎日の糖尿病の食事の支度をする担当は、患者本人であったり、

あるいは家族であるわけですから、食事の注意点を明確に把握しておくことが大切です。

また自治体や病院で行われている「糖尿病教室」に、家族で参加してみてはいかがでしょう。


ことが出来ます。

患者さんだけでなく、是非、家族の方もご一緒に参加してみると良いと思います。



また、低血糖の症状が出た際など、普段から近くにいる家族が支え、

助けてあげられるように、対処法も知っておくべきです。

それに、糖尿病の患者さん、同じ暮らしをしていた家族も

同じ食事をしていたわけですから、今後、家族の方も糖尿病になる可能性があります。

家族全員で患者さんと同じ糖尿病の食事をすることで、食生活を見直す良い機会だと思います。



また糖尿病は、ストレスも関係あると言われています。

仕事を持っている患者さんの場合は家庭ではリラックスできるように

家族が協力してあげて欲しいと思います。

他の病気もそうですが、糖尿病も患者本人と家族の支えがあって改善される病気なのですから。








「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 食物繊維は糖尿病に効果大

食物繊維は糖尿病に効果大



食物繊維は糖尿病に効果大


糖尿病を改善するための食事に食物繊維が大切だとお話しましたが、それはどうしてなのか、おわかりになりましたでしょうか?

食物繊維がなぜいいのかというと、消化に時間がかかるので胃の中に留まる時間が長いのです。

ですから、食物繊維を多く摂取した方が、食事によって血糖値が急に上がることが少なくなります。

食事の基本は、ご存知の方も多いように、

「主食」「主菜」そして「副菜」をバランスよくとることが重要です。

そのためには白、赤、黄、緑、黒の素材を1食あたりに、なるべく取り入れることがポイントです。

栄養価を暗記するのは大変でしょうが、色でしたら分かりやすいと思いますから是非、実践して下さい。

主食はご飯でしたら150グラムから200グラムを目安に食べることです。



糖尿病と診断された人、糖尿病予備軍の人、双方にお勧めする食事にそう違いはありません。

大切なことは、栄養バランスなのです。

例えば、参考までに、バランスの取れた食事とは

タンパク質15パーセントに、脂質が25パーセント、そして糖質60パーセントが良いと言われています。



栄養バランスの良い食事は血糖値の上がり下がり幅が、より小さくなります。

ですから、食事療法とは、糖尿病だけではなく、肥満、高血圧など、

疾病の予防、または改善も期待できる治療法なのです。

今、問題となっているメタボと呼ばれる成人病予備軍にも、もちろん食事療法は有効です。

また、食物繊維は効果としてコレステロール値を下げ心臓疾患も予防する優れものです。

その上、食物繊維を沢山含んだ食品は、それらのカロリーが少なめですから

カロリーの過剰摂取も防止し、腸内で脂肪を吸収する作用もあります。

便秘に効果的なことは昔から知られていますよね。

様々な効果が期待できる食物繊維を日々、きちんと取るように心がけて下さい。








「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病改善には腸内環境

糖尿病改善には腸内環境



糖尿病改善には腸内環境


糖尿病を改善していく上で、食事療法、運動療法だけで

何も改善されなかった場合、薬物も使用するようになります。

そうならないために、特に食事療法では腸内環境を良くする食べ物を

摂取することをポイントに考えれば、糖尿病改善、防止にも役立つはずです。

では、腸内環境を良くするためには何が大切になるでしょうか?

それは食物繊維です。

食物繊維を十分に摂取することは、糖尿病だけでなく、様々な病気の予防に繋がります。



では、そもそも食物繊維とは何でしょうか?

食物繊維とは人間の消化酵素では分解することが出来ない性質のものです。

イモ、マメ、穀類、海藻、野菜などに多く含まれています。

これらを積極的にとるようにしてください。


それから、食生活の習慣にも気をつけてみて下さい。

例えば、食物繊維が糖尿病に良いからと食事に

沢山取り入れても、食物繊維は、よく噛み砕かないといけません。

普段、食事の時間はゆったりと取っていますか?

噛む時間が多いと少量で満腹を感じます。

食べすぎの防止になりますから食物繊維にはメリットが沢山あるのです。



また、糖尿病の中には、インスリンがうまく作用しないことが原因になっている場合もあります。

食事で糖質を摂取したのにも関わらず、それを体が

上手く利用できず、結果、血糖が高くなってしまうのです。

この点を考えて、糖尿病治療は食事内容、摂取量を調整することですい臓の負担を減らします。

すい臓の負担を減らすと、すい臓はインスリンを分泌しているのでそれが通常に近づきます。

そして、血糖値が正常に戻るようになります。

すい臓に負担を掛けない、腸内環境を良くする、これらも糖尿病改善のポイントなのです。




「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
Home >> 糖尿病の食事療法 >> 糖尿病の食事を工夫する

糖尿病の食事を工夫する



糖尿病の食事を工夫する


糖尿病の食事を考えるときに重要なポイントとなってくることは、

栄養を取りすぎてもダメで、少なすぎてもダメ、とにかくバランス良くとることなのです。

それによって食後に急な血糖値上昇を防ぐことが出来ます。



治療のため、血糖値を下げるためには、通常の健康的な生活、食事が基本です。

ですから、特に糖尿病だから!と言って難しく考え込むことも良くありません。

インターネット上や出版されている本でも、糖尿病食レシピは沢山紹介されていますから、

簡単なメニューから始めて少しずつレパートリーを増やして行けば良いと思います。

全部の食事を糖尿病食にすることも最初は大変でしょうから、

夕食だけは糖尿食の宅配サービスを頼んでみるなど工夫をし、

上手に長く食事療法を続けて行ッテクダサイ。



とにかくレシピでしたらインターネット上で沢山、紹介されています。

「糖尿食」「レシピ」などの言葉で検索してみると良いです。

多くの人が、ホームページやブログで自ら工夫をした、いろいろな糖尿病食レシピを掲載しています。

自分だけで考えると食材も献立も限られてしまいがちですから、是非活用してみて下さい。



では、みなさん、どのように糖尿病食レシピを工夫されているのでしょうか?

それは食事自体を楽しんでもらうために、見た目の工夫も大切なようです。

例えば、食事は一皿だけでなく、いろいろな献立をそれぞれ

小皿に少量ずつあったのなら、目先も変わり満足の行く食事になると思います。

摂取カロリーが同じでも、いろいろなメニューを
少しずつ食べることが出来きたら栄養のバランスも良いト思います。



また糖尿病の人だけではなく健康な人やダイエット中の人も、

糖尿病食料理はヘルシーだと注目されているようです。

味も塩分を取り過ぎないように、かつ、美味しくなるよう工夫が凝らされた

様々なレシピがありますから、是非、家族みんなで召し上がってみては如何でしょうか。




「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

健康食品・サプリ生活


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:糖尿病の食事療法
糖尿病の食事療法 | ハピファンレシピ[PR]

糖尿病の方必見

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

WELCOME

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ロリポップ!なら初心者でも安心!
WordpressやMovable Typeの簡単インストールや、ショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

大容量42.195GB、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバー『ヘテムル』
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
ブログランキング【くつろぐ】 「リトルキッチン」掲載中のハピファンレシピ記事 Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加 あわせて読みたい