スポンサードリンク
Home >> 川釣り >> 釣りの「アタリ」について
Page: 1/3   >>

釣りの「アタリ」について



釣りの「アタリ」について


魚釣りの「アタリ」についてですが、「アタリ」とは、魚が針に付いている

餌を食べた時、針にかかった時に自分の身体に感じる感触の事を指しています。

そして、アタリが出た時に針が魚の口にきちんと引っかかる様に

竿を誘導する事を「アワセ」と言う様に呼んでいます。



こう言った呼び方は、海釣りでも川釣りでも同じですので、釣り用語として覚えておくと良いと思います。



「アタリ」は仕掛けの種類、魚の種類によって感じ方が違いますので、覚えておくと良いです。

以下には川釣りにおけるアタリの種類です。

少しだけですがご紹介します。



【ウキ釣り】



ウキ釣りはアタリの中でも比較的分かりやすいと思います。

通常は魚が餌を加えて動くとウキが沈みます。

ウキが沈んだらアタリの確率が高いですので、そしたら竿を動かしてアワセをして魚をかけます。



文章で書いているととても簡単な様に感じますが、アタリを見極めるのは

少し難しく、ちょっと沈んでみたり、横にちょっと動いてみたり、

何回かウキが沈んだり上がったりするのを繰り返したりする場合があります。

この様にちょっと分かりにくいアタリの時は、竿を引っ張ってみて、

魚が引っ掛かっているか確認すると良いと思います。



【脈釣り】



脈釣りは、ウキが無いのでアタリを目で見てすぐ確認する事が出来ません。

例えば竿の先が動いたりだとか、仕掛けが動いたりだとか、

手に感じる感触で感じたりだとか、そう言った方法でアタリを判断する事になります。



アタリだった場合は、魚が餌を食べているはずですので竿を動かしてアワセを行います。

魚が引っ掛かっているとそれなりに重い感触を感じるはずです。




「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
Home >> 川釣り >> 釣りの種類

釣りの種類



釣りの種類


「釣り」と言うとどういう釣りを思い浮かべるでしょうか。

海釣りでしょうか。

川釣りでしょうか。

「釣り」と言う様に言っても釣る魚の種類や、場所、時期等によって色々なパターンに分ける事が出来ます。



大まかな釣りの種類を挙げてみたいと思います。



【海釣り】



≪投げ釣り≫



海岸や堤防から、リールが付いた竿に仕掛けを付けて、遠くのポイントに投げ入れる釣り方です。

初心者でも簡単に出来ます。



≪磯釣り≫



海釣りの中でも、磯の辺りで釣る事を指しています。

主にメジナや黒鯛、石鯛等を釣る事が出来ます。

初心者の方よりは、少し釣りに慣れた中級者以上の人に向いている釣り方です。



≪船釣り≫



船を使って、その上から釣りをする事を指しています。

初心者の場合、船酔い等を起こす確率が高いです。

中級者以上の人に向いている釣り方です。



【川釣り】



≪渓流釣り≫



川の上流部分で流れが速い渓流部分で釣る事を指しています。

主に山女や岩魚と言った魚が釣れます。

渓流釣りは流れも速いし、大自然の中なので上級者の人に向いている釣り方だと思います。



≪川釣り≫



多くの人がイメージされている川での釣り方で、主に川の中流?下流辺りで釣る事を指しています。

鮒や鯉、鮎等と言った川魚を釣る事が出来ます。

流れが穏やかな所が多いですので、初心者でも楽しんで釣りをする事が出来ます。



≪管理釣り場≫



川の一部を仕切って、そこを釣り堀みたいな形にして、そこに魚を放流しています。

お金を払って入り、釣りを楽しむ方法です。

魚を釣ってみたい初心者の方には楽しんで頂けると思います。




「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
Home >> 川釣り >> 川釣りで使う餌について

川釣りで使う餌について



川釣りで使う餌について


川で釣りをする時は、餌も必要になります。

川釣りにて使う餌は、川虫等の虫類、または粉を練った練り餌等が挙げられます。



練り餌に関しては、小麦粉や魚粉、オキアミ粉末等、魚が好きな粉類を

数種類配合して作られた粉末を水で溶かし、練り上げて団子状にした物になります。

配合されている粉は、これだけではなく、釣る魚に応じて様々な種類の物があります。



魚を釣ると言っても、釣るポイントによって使う餌が違ってきます。

練り餌は川釣りや止水釣りで使う事が出来ます。

マブナやウグイ、鯉と言った魚が釣れるでしょう。



また、こう言った餌と魚を結び付ける為には、やっぱり経験を積んでいかなければ

微妙な感じは掴めないと思いますので、釣り場や魚に合った餌を選べるように自分で工夫していってください。



では、魚釣りに使う餌に付いてですが先程も述べた様に、

釣る場所や釣る魚によって使い分ける事が必要になります。

川釣りの場合は川虫やミミズや昆虫といった生きている虫を使う事もありますし、

食パンや羊羹と言った人間が食べる様な物を使う事もあります。



また、海釣りの場合にはゴカイやイソメと言った餌を使いますし、小さいエビを使ったりする事もあります。

このゴカイは色々な種類があるようで、何百種類も有るようです。



通常は、生きている虫や魚を使って餌にするのが、釣れやすいと思うのですが、

初心者の方や女性の場合は触れないと苦労する方も多いと思います。

そう言った時には食パン等の食べ物を使う様にすると良いと思います。








「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
Home >> 川釣り >> 川釣りにおいて守らなければならない事

川釣りにおいて守らなければならない事



川釣りにおいて守らなければならない事


川釣りをする上で、守らなくてはならないルールがあります。

ルールを守る事で危険な事にも合わずに釣りを最大限に

楽しむ事が出来ると思いますので、是非守る様にしてください。



【危険区域】



海釣り・川釣り共に釣りをする場合、安全な場所で釣りをする事が望まれます。

海や川に行くと、金網が貼ってあったり、「立ち入り禁止」と書かれた看板が立ててあったりします。

そう言う所に入って釣りをしようとする人がいますが、そう言う場所は

危険地帯で有ったり、私有地で有ったりしますので、立ち入らない様にしてください。



【禁漁期間】



川釣りの場合、1年中釣りが出来ると言う訳ではありません。

川によっては自然保護の為、魚の産卵時期に釣りをしない様に制限したり、

魚釣り自体を禁止したりしている所があります。

また、釣りをする場所に対しても、許可を出さないと釣りが出来ない所が有ったり、

期間によって許可が必要だったりする所がありますので、川釣りに行く時には

そう言ったルールも調べた上で行くようにしてください。



自然のルールを守ってこそ、いつまでも釣りを楽しむ事が出来るのです。



【その他】



釣りをする時のルールですが、重りや針を投げる時には

周りに人がいない事を確認して投げるようにしてください。

確認しないで投げると万が一近くに人がいた場合、針を引っかけてしまったり、

重りをぶつけてしまったりして大変な事になってしまいます。

そう言った事を避ける為にも、気を付けるようにしてください。










「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
Home >> 川釣り >> 川釣りをする釣り具について

川釣りをする釣り具について



川釣りをする釣り具について


初心者の方で釣りを始めてやろうとする場合、釣り場は海に行ったり川に行ったりします。

海釣りの場合、最初から船に乗って釣るなんて事は無理なので、堤防辺りから釣る事になります。

川釣りの場合は、川岸から釣るか堤防で釣るかになると思います。

どちらにしても最初から1人で行く人はそうはいないと思いますので、

慣れている人と一緒に行く等、連れて行って貰うケースが多いと思います。



釣りをするには釣り具が必要になりますが、その釣り具も

魚の種類に合わせた釣り具が有る等、本当にたくさんの種類があります。

それを初心者から区別しようとしても先ず無理でしょう。

ですから、最初の内は安くて、初心者用でセットになっている物がありますから、

そういった釣り具を使うので充分だと思います。

安いから魚が釣れないなんて事はありません。

所詮腕次第と言った所なので安心してください。



取り敢えず、釣り具屋に行って店員さんに聞いてみてはいかがでしょうか。

川釣り用の釣り具セットなら3000円程度で手に入ると思います。



釣り具を買って使った後は、お手入れも必要になります。

最近の釣り具は殆ど防錆処理が施されていますので

使った後に、海水で流すか水で流す様にして拭き取れば充分でしょう。

但し、リールは金属を使用している部分があると思うので、水で海水を流した後に

よく水気を拭き取り乾燥させるようにしてください。

海水が付いたままだと金属部分が錆びてしまう可能性がありますので注意してください。


あとはエサだけシリーズ 川、池、湖の釣...

あとはエサだけシリーズ 川、池、湖の釣...

価格:1,900円(税込、送料別)









「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
Home >> 川釣り >> 川釣りをする時のマナー

川釣りをする時のマナー



川釣りをする時のマナー


魚釣りをする場合、海釣り、川釣りのどちらにも言える事ですが、マナーがとても大切になります。



海釣りでも川釣りでも湖釣りでも、どこで釣りをするにしても自分1人で釣りをしている訳ではありません。

周りにも釣りをしている人達がいると思います。

それぞれが自分勝手に釣りを楽しんでいたら、周りの人にとって迷惑で有る事も有ると思います。

ゴミを散らかしていたり、

水をバシャバシャ音立てて魚を逃げさせてしまったり、

釣り人同士の挨拶を怠ったり。

自分が気持よく釣りをする為には、相手にも気持ち良く釣りをさせてあげる心積もりが必要です。



以下に、釣りのマナーを少しご紹介してみたいと思います。


【ゴミ】

<br>
釣りが出来る所に行くと、良く見かけるのがゴミです。<br>
タバコの吸い殻やペットボトル、餌の残骸等ゴミが散乱している場合が多いです。<br>
ゴミが捨ててあると、次にここで釣りをする人が気持ち良く釣りをする事が出来ません。<br>
ですから、自分で出したゴミは持ち帰る様に徹底してください。<br>


また、ゴミでも気を付けた方が良いのは「釣り針」や「釣り糸」です。

そのままにしておくと、その後に来た人が踏んでしまって、思わぬ怪我をしてしまう事があったり、

鳥等も怪我をしてしまったりする可能性がありますので、捨てないで持ち帰るようにしてください。



【挨拶】



これは基本的な事ですが、挨拶をするのとしないのとでは全然違うと思います。

釣り場にいる人は見ず知らずの人ですが、一言「こんにちは」と挨拶するだけで、

お互いが気持よく釣りをする事が出来ると思いますし、思わぬ情報も手に入れられるかもしれません。

自然や魚を愛する者同士、挨拶をする様にしてください。










「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
Home >> 川釣り >> 渓流が大人気

渓流が大人気



渓流が大人気


渓流釣りは川釣りの中でも人気がある釣り方ですが、渓流釣りは川の渓流にて行われる釣りです。

そんな渓流が今大人気だってご存知でしょうか。



川釣りが手軽にできる場所は、川の中でも中流?下流と言った所です。

渓流になると大自然に囲まれた場所とイメージ出来るかもしれません。

確かに渓流には、渓谷があったり岩魚が釣れたり、原生林が有ったりして、

自然を愛する者から見たらとても魅力的な場所ではないかと思います。

そこに行く為に、何時間もかけたり苦労して行ったりしても、それだけの価値がある場所でしょう。



しかし、渓流は大自然の場所だからこそ、人にはあまり入って欲しくは無い感じもします。

人が入ると言う事は場が荒れて来ると言う事にも繋がります。

どうしたって釣りをするのであればゴミは出ますし、渓流釣りで魚も釣るでしょう。

最近では渓流にいる魚も少なくなってきていると言う事実も有るようですし、

少し自然を破壊しない様に注意したいものです。



もちろん、渓流釣りに来た人は、渓流にいる魚をたくさん釣って持って帰りたいと言う願望があると思います。

しかし、自然を破壊しないと言う観点から見ると、釣り過ぎは我慢したい所です。

また、その為に堰堤が作られる等人工的な物も誕生してきています。



渓流は大自然です。

自然を楽しむ様にして、釣りも釣り過ぎに注意し、ゴミも持ち帰る等して

ルールをきちんと守った釣り方をしてください。

それが、今後も美しい渓流を守る為の最低限のルールではないかと思います。










「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
Home >> 川釣り >> 川釣りで魚を取り込む方法

川釣りで魚を取り込む方法



川釣りで魚を取り込む方法


魚を取り込むと言うやり方がありますが、これは川釣り等で魚が釣れた時、その魚が逃げない様に、

玉網を使ってすくったり、川岸に寄せて引きあげる様にしたり、一本釣りの様に引き抜いたりする方法です。



やり方としては、先ず魚が当たった場合、取り込む為に岸の方までその魚を引き寄せます。

この時に、強引に引きよせたりしてはいけません。

強引にしたら逃げられてしまう可能性が高くなります。

魚も逃げようと必死になりますから下の方に潜ろうとしたり、動き回ったりする様になります。

こう言った魚の動きに合わせて、糸が切れない様に岸まで引き寄せて取り込みます。

この時に、魚が弱るまで魚の動きに合わせる様に竿を操り、

弱ったら岸まで引き寄せると言うイメージで行うと良いと思います。



取り込み方としては、玉網を使った方法がありますが、

これは魚を引き寄せた所で玉網を使って魚を救うと言う方法です。

玉網を使える所まで魚を引きよせ、玉網を水中の中に

少し入れながら魚をその中に引き寄せて行くと言うやり方です。



川釣りの場合は玉網を使わなくても、ちょっと引き寄せる時に気を付けて、

波が寄せてきた時に合わせて引っ張り上げる事で、川岸に取り込む事が可能だと思います。



もちろん、玉網を使わない方法もあります。

海釣りで防波堤など、海面と釣っている場所に高さがある場合には、玉網は使えませんので、

海面の上下の動きに合わせて竿を動かさない様に我慢して、引き抜く様にしてください。










「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
Home >> 川釣り >> 釣りにおけるキャスティングについて

釣りにおけるキャスティングについて



釣りにおけるキャスティングについて


魚釣りをする時ですが、川釣りでも海釣りでも「キャスティング」と言う技術を身に付ける必要があります。



このキャスティングと言う技術は、自分の思い通りの場所(ポイント)に仕掛けを

投げる事が出来る事を指していて、別名「振り込み」と言う様にも呼ばれています。

海釣りにおいても、川釣りにおいても、魚がいるポイントに仕掛けを

投げる事が出来ないと、結局は釣るチャンスを逃してしまう事になります。

ですから、釣りをするのであればキャスティングは習得しておく必要があります。



キャスティングの技術としては、いくつかありますが、その中でも

リールを使って行うキャスティングと言うのが有ります。

キャスティングにも色々と投げ方があるのですが、応用が効く投げ方と言ったら

オーバーヘッドキャスティングになりますので、これを覚えておくと便利かも知れません。



オーバーヘッドキャスティングと言うのは、所謂投げ釣りで良く見る投げ方ですが、

竿を頭の後ろに持っていき、そこから勢いを付けて

振り抜いて、仕掛けを川や海に飛ばすと言う技術になります。



竿を操ってただ仕掛けを投げれば良いと言う物ではなくて、糸を指にかけ、

その指を放すタイミングで仕掛けを前に飛ばすと言う技術が必要になります。

この技術が結構難しい為、練習が必要になると思います。



次に、リールを使わないでキャスティングをする方法ですが、「送り込み」と言う方法があります。

これによって仕掛けを狙った所に、簡単に投げられる様になります。

この方法は振り込みよりは比較的簡単に出来る方法で、竿と針をそれぞれ両手に持ち、

竿を前に出す様にして針を手から放すようにします。



最初は狙った所に行かないと思いますが、慣れて来ると遠くまで飛ばせるようになります。












「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
Home >> 川釣り >> 川釣りでもキャッチ&リリース

川釣りでもキャッチ&リリース



川釣りでもキャッチ&リリース


魚を釣る時によく使われる言葉に「キャッチ&リリース」と言う言葉が有ります。

川釣りや海釣りで魚を釣った場合に、殺さないで放してあげると言う方法です。



釣り上げた魚を放してあげると言うキャッチ&リリースは、元々は日本の文化ではありませんでした。

外国の方で行われていた文化だった様ですが、今ではすっかり日本でも定着している感じになっています。



では、このキャッチ&リリースですが釣り上げた魚を、川や海に単純に放せば良いと

思っている人が多いと思いますが、実際はそう言う物ではありません。



魚の種類によっては、弱い魚もいます。

握ってしまうと弱ってしまったり、人間の手の暑さで

掴んでしまう事によって死んでしまったりする場合も有る様です。

ですから出来れば、魚を触る時には一度手を濡らして冷たくして、優しく手の平に乗せる様にしてください。

川釣りでも渓流釣りで釣った場合には、魚が弱らない様に網でそっとすくい上げます。

写真を取って満足したら、そっと両手で持って優しく川の中に放して上げてください。

優しく扱う事で、また元気に泳いでくれます。



川釣りではないのですが、湖釣りなんかも同じです。

ブラックバスを釣りたいと思って釣る人も多いと思います。

しかしブラックバスの基本はキャッチ&リリースです。

釣りあげたら、無理をしないで唇にかかったハリを外して、ゆっくりリリースする様にしてください。



また、マナーとしては食べられない魚を釣ったらリリースする。

釣り過ぎたらリリースすると言う事を守る様にしてください。

決して捨てたりしない様にしてください。










「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!

化粧品通販


QLOOKアクセス解析


QLOOKアクセス解析


shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:川釣り
川釣り | ハピファンレシピ[PR]

糖尿病の方必見

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

WELCOME

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ロリポップ!なら初心者でも安心!
WordpressやMovable Typeの簡単インストールや、ショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

大容量42.195GB、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバー『ヘテムル』
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
ブログランキング【くつろぐ】 「リトルキッチン」掲載中のハピファンレシピ記事 Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加 あわせて読みたい