スポンサードリンク
Home >> 筍レシピ >> たけのこのゆで方

たけのこのゆで方



たけのこのゆで方





たけのこのゆで方





食卓に季節感が乏しくなってきているこの頃ですが、春になったら、

やはり掘りたてのたけのこをいただきたいものです。

掘りたてのたけのこは、そのまま直火で焼いて食べられます。

しかし、たけのこは「お湯を沸かしてから掘れ」といわれるように、

掘ってから時間がたつとアクが強くなりますので、調理する際には、下ゆでしてから用いたほうがいいでしょう。

料理のレシピには、概して「ゆでたけのこ」または「水煮」が用いられていますが、

春先、皮付きのたけのこが手に入ったら、是非、ご自身でゆでてみてください。



たけのこのゆで方



*用意するもの

・米のとぎ汁・・・カップ10

(または、水カップ10にぬかカップ1を加えたもの)



・赤唐辛子・・・2?3本




1.土などをきれいに落として、外側の皮を2?3枚むきます。

根元のごつごつとした部分はそぎとってしまいましょう。



2.皮のついたまま穂先を斜めに切り落とし、皮の部分だけでに縦に切れ目をいれます。

★コツ!

穂先は皮が幾重にも重なっているため深めに、根もとにいくにしたがって皮が薄くなりますので浅く包丁を入れます。

身まで切り込みを入れてしまわないように注意しましょう。



3.深めの大きな鍋に、たけのこ(皮付き)が沈むくらいのたっぷりのゆで汁を用意し、

赤唐辛子を加えて火にかけ、中火で約1時間コトコトと静かにゆでます。



4.ゆで上がったら、そのまま冷めるまで、ゆで汁のなかにたけのこをつけておきます。



5.冷めたらたけのこをきれいに洗います。

この段階では、まだ皮つきです。

ゆでたたけのこは使う直前に、くるっと一度に皮をむいて料理に用います。

これで「ゆでたけのこ」の準備ができました。

あとはそれぞれの料理のレシピにしたがって、おいしく調理してください。

*皮つきのたけのこ約1kgは、下ゆでして皮をむくとその半分以下(約450g)になります。

一度の調理で使い切れずに残った分は水につけておくと味が落ちませんが、なるべく早く使い切ってしまいましょう。



「リトルキッチン」でこの記事をチェック!「リトルキッチン」でこの記事をチェック!















shigiyuki | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:筍レシピ
Comment








Trackback

たけのこのゆで方 | ハピファンレシピ[PR]

糖尿病の方必見

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

WELCOME

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ロリポップ!なら初心者でも安心!
WordpressやMovable Typeの簡単インストールや、ショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

大容量42.195GB、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバー『ヘテムル』
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─
あなたのWEBサイトをレベルアップさせるには【ドメイン】!
     ■ドメイン取るならお名前.com■

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら by オートリンクネット
ブログランキング【くつろぐ】 「リトルキッチン」掲載中のハピファンレシピ記事 Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加 あわせて読みたい